導入事例

2009年05月12日

アリエル・ネットワーク株式会社

ディップが、全社情報共有システムをSaaS型サービスから
「アリエル・エンタープライズ」に移行

~システム運用コストの大幅削減と、情報一元化による意思決定のスピード化を図る~


情報共有システムのプロフェッショナル企業であるアリエル・ネットワーク株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:原田和人、以下アリエル)は、総合求人情報サイトを運営するディップ株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:冨田英揮、以下ディップ)が、営業支援をはじめとする全社情報共有基盤にWebコラボレーションウェア「ArielAirOne® Enterprise(以下アリエル・エンタープライズ)」を採用し、SaaS(Software as a Service)型サービスから情報共有システムを刷新したことを発表しました。

情報共有システムをSaaS型サービスから移行し、システム運用コストの70%を削減

一般的にSaaS型サービスは、ハードウェアの調達やシステム初期投資、導入後の運用保守が不要と、短期間かつ低コストでサービスを利用できることが特徴とされています。しかし、日本の大手企業への導入の場合、企業独自のビジネス要件に沿ったカスタマイズや他システムとの連携・統合が必要となり、さらに利用規模・形態に合わせたオプション機能の追加によって、利用コストは想定よりも大きくなる傾向にあると言われています。上場以来2桁成長を継続しているディップにおいても、情報システムの年間運用コストは企業規模の拡大に併せて増大しており、業務プロセスの標準化やシステムコスト削減が経営課題となっていました。

こうした課題に対し、ビジネス環境の変化や業務プロセスの変更などに伴うカスタマイズを必要とせず複雑な業務にフィットしたシステムを短期間で構築できることや、今後5年間SaaS型サービスの利用を続けた場合の想定コストと比較し70%以上のコスト削減が見込まれることから、アリエル・エンタープライズ導入の有効性が評価され、採用されました。

情報の一元化による営業活動の効率化と意思決定のスピード化を促進

企業情報の一元管理の中心にEIP(企業情報ポータル)機能を配し、標準機能であるグループウェアとCRM(Customer Relationship Management)などの分散したシステム間をシームレスに連携させることで、社内の業務情報の一元管理が可能となりました。

これにより、営業活動を阻害していた情報の二重管理や社内活動のバッティングが解消されました。
更に、アリエル・エンタープライズの直感的に使える高いユーザビリティは、業務効率のみならず、操作性向上とストレス軽減など利用における心理的負担の大幅軽減に貢献しました。

ディップでは、部門や利用者毎のワークスタイルに即した情報を提供し、業務の更なる効率化と利便性・生産性向上をサポートするとともに、モバイル環境からの利用の推進や内部統制に向けたメール環境の改善など、業務のフロントエンドとしてアリエル・エンタープライズを積極的に活用し、企業の競争力向上と成長につなげていく予定です。

アリエルでは、今後もユーザー企業のニーズに応え、情報活用の促進と付加価値の創造、より戦略的なIT投資への移行を支援するためのビジネスソリューションの提供を続けてまいります。

以上

ArielAirOne® Enterpriseとは

アリエル・エンタープライズは、標準アプリケーションであるグループウェア・企業情報ポータル(EIP)の提供と、事業やビジネスモデルに応じた企業独自のカスタムアプリケーション開発を可能とすることで、拡張性・柔軟性の高い情報共有環境の構築とともに、大規模な組織内で扱われる様々な情報のシームレスなデータ連携と高度なセキュリティによる集中的な管理を実現するWeb型コラボレーションウェアです。集約された情報を組織や部門のみならず個人に最適化して表示することで、情報へのアクセスを容易にし、ビジネス活動に結びつけるための行動支援と業務効率の大幅な向上を実現します。

http://www.ariel-networks.com/enterprise/

ディップ株式会社について

ディップ株式会社は、人材派遣情報サイト「はたらこねっと」、アルバイト情報サイト「バイトルドットコム」、転職情報サイト「ジョブエンジン」等をはじめとする求人情報サイトの運営を通じ、企業と人を結びつけることで社会に貢献することを目指す総合求人情報サービスです。掲載求人情報件数は、業界トップクラスに位置し、あらゆる企業の求人ニーズと多様化する求職ニーズにお応えしています。2004年東証マザーズへ上場、2009年2月期連結売上高は115億円。

http://www.dip-net.co.jp/

アリエル・ネットワーク株式会社について

アリエル・ネットワーク株式会社は、米国でNotes開発に携わった、旧ロータス社の技術者を中心に2001年4月11日に日本で設立。グリッドなどの分散コンピューティング技術に着眼、分散コンピューティング環境開発基盤を自社開発するとともに、大企業向けWebコラボレーションウェアを開発し、インターネット、社内ネットワークを問わずネットワークに接続された環境で、セキュリティを保持しながら、ネットワークを意識せずに必要な情報を取得、送信する仕組みを提供しています。

≪会社概要≫
代表者 代表取締役社長 原田和人
設立年月日 2001年4月11日
資本金 5000万円
本社所在地 〒141-0031 東京都品川区西五反田8-1-14 最勝ビル7F
事業内容 情報共有パッケージソフトウェアの開発、販売、サポート

※本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※本リリースに掲載している情報は、発表時時点のものです。