導入事例

2009年12月01日

アリエル・ネットワーク株式会社

酒類食品卸売業界最大手、国分がNotesから移行、
「アリエル・エンタープライズ」をグループ41社に導入

~情報共有のスピード化を加速、モバイル環境整備とメンテナンス内製化でコスト削減~


人と情報との新たなあり方を創造するアリエル・ネットワーク株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:原田和人、以下 アリエル)は、このたび食品卸売業界最大手の国分株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:國分勘兵衛、以下 国分)が、全社情報共有基盤にWebコラボレーションウェア「ArielAirOne® Enterprise(以下 アリエル・エンタープライズ)」を採用したことを、以下のとおりお知らせいたします。

Notesからオープンな情報共有環境構築へ乗り換え、コスト削減を実現

国分では10年来、グループ情報共有基盤としてNotesを利用していましたが、肥大化が予想されるNotesバージョンアップコストの削減を図るとともにオープンなシステム環境の整備をするため、社内情報共有基盤の再構築に踏み切ることになりました。当初から複数の製品を検討していたものの、いずれもNotesの代替としては十分とは言えず、その一方で新たな候補としてアリエル・エンタープライズを多角的な視点から検討した結果、その採用を決定したものです。

Notes上のデータ移行がスムーズにできることはもちろん、いくつかの大きなポイントが導入の決め手となりました。Notes利用時とは異なり全ユーザーでの利用促進を図るために、利用者ひとり一人の使いやすさ、優れたユーザビリティは必要不可欠でした。また、コスト削減の一環として、メンテナンスを外部委託から自社へ移行することから、技術や専門的知識を必要とせずにメンテナンスできる保守の容易性も求められていました。他にも、情報活用と迅速な情報の伝達を一層加速させるために、これまでNotes上では実現できなかった利用方法や機能も将来的に検討・開始していくため、基盤そのものの拡張性にも期待が寄せられています。

携帯電話からのアクセス環境整備により、現場でもスピーディに情報取得

これまで国分では、会社の基幹を担う営業部門の約1200人の社員は、外出先からモバイルパソコンを利用して伝達事項や商品情報を確認していました。商材のほとんどは食品であることから、緊急性の高い情報も含めて現場で確認する必要があり、そのためにはモバイルPCを利用せざるを得ない状況にありました。

しかし、このたびのアリエル・エンタープライズの導入により、携帯電話でもログイン、情報共有基盤にアクセスすることができるようになります。これにより、モバイルPCの維持やメンテナンスに必要としていたコストを大きく削減するとともに、これまで以上に、必要な情報にスピーディにアクセスし、的確な判断と競争力強化を促進していくことができます。

必要な情報への到達速度が格段に向上、基盤の底力として様々な効果を生み出す

企業では、多くの情報が氾濫し、必要な情報にアクセスするのに手間や時間がかかり、場合によっては探し出せない状況も見受けられます。しかし、アリエル・エンタープライズは、利用している機能に関わらず、横断的に正確かつ強力な検索ができることから、必要な情報への到達速度と到達率も格段にアップすることで効率化を向上するとともに、スピーディな営業活動や経営判断も可能になります。

国分においても、特に情報検索についてはこだわりをもっており、アリエル・エンタープライズでの検索結果の表示方法および本当に必要な情報にリーチできるかといった点を実際に選定の際にテストで確認、比較した結果、高く評価しています。

さらに今後は、アリエル・エンタープライズを情報共有の基盤と位置づけ、ファイル管理やワークフローなどの分散しているシステムを順次統合、拡張していくことで、情報の集約と適切な情報への正確で迅速なアクセスができると見込まれています。

アリエルでは今後も、情報共有基盤として、情報資産の価値向上とそれによる効率化を図るためのビジネスソリューションを提供してまいります。

以上

ArielAirOne® Enterpriseとは

アリエル・エンタープライズは、標準アプリケーションであるグループウェア・企業情報ポータル(EIP)の提供と、事業やビジネスモデルに応じた企業独自のカスタムアプリケーション開発を可能とすることで、拡張性・柔軟性の高い情報共有環境の構築とともに、大規模な組織内で扱われる様々な情報のシームレスなデータ連携と高度なセキュリティによる集中的な管理を実現するWeb型コラボレーションウェアです。集約された情報を組織や部門のみならず個人に最適化して表示することで、情報へのアクセスを容易にし、ビジネス活動に結びつけるための行動支援と業務効率の大幅な向上を実現します。

http://www.ariel-networks.com/enterprise/

国分株式会社について

http://www.kokubu.co.jp/

アリエル・ネットワーク株式会社について

アリエル・ネットワーク株式会社は、米国でNotes開発に携わった、旧ロータス社の技術者を中心に2001年4月11日に日本で設立。グリッドなどの分散コンピューティング技術に着眼、分散コンピューティング環境開発基盤を自社開発するとともに、大企業向けWebコラボレーションウェアを開発し、インターネット、社内ネットワークを問わずネットワークに接続された環境で、セキュリティを保持しながら、ネットワークを意識せずに必要な情報を取得、送信する仕組みを提供している。

≪会社概要≫
代表者 代表取締役社長 原田和人
設立年月日 2001年4月11日
資本金 1億円
本社所在地 〒141-0031 東京都品川区西五反田8-1-14 最勝ビル7F
事業内容 情報共有パッケージソフトウェアの開発、販売、サポート
企業URL http://www.ariel-networks.com/

お問い合わせ

≪本リリースに関するお問い合わせ先≫

アリエル・ネットワーク株式会社

担当 藤木(広報窓口)
TEL 03-5740-8801
FAX 03-5740-8804
お問い合わせ メールはこちら
≪製品に関するお問い合わせ先≫

アリエル・ネットワーク株式会社

担当 営業部
TEL 03-5740-8802

※本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※本リリースに掲載している情報は、発表時時点のものです。