導入事例

2010年04月07日

アリエル・ネットワーク株式会社

近畿大・電通大など3大学が「アリエル・エンタープライズ」を採用

〜全学の情報共有環境を整備し、職員の業務を効率化
学生向けサービス充実への注力が可能に〜


アリエル・ネットワーク株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:原田和人、以下、アリエル)は、新たに下記の3大学がWebコラボレーションウェア「ArielAirOne®Enterprise(以下、アリエル・エンタープライズ)」を採用したことを、お知らせいたします。

採用大学

  • 学校法人 近畿大学 (本部:大阪府東大阪市、学長:畑 博行)
  • 国立大学法人 電気通信大学 (本部:東京都調布市、学長:梶谷 誠)
  • 公立 産業技術大学院大学 (本部:東京都品川区、学長:石島 辰太郎)

少子化に伴い大学を取り巻く環境が厳しさを増す中、多くの大学が情報共有システムの見直しに目を向けています。情報伝達を迅速化し、職員の業務負荷を削減することで、学生向けサービスの充実に力を注ぐことを可能とし、大学の付加価値向上につなげるためです。そのためのシステムとして、このたびアリエル・エンタープライズが採用されました。

すでに、広島大学と一橋大学もアリエル・エンタープライズを導入。全学の情報共有環境の整備に取り組んでいます。広島大学の例では、学部間のシームレスな情報共有や業務の連携を実現し、情報を発信する側の「一方向」の視点だけではなく、利用者の立場に立った「双方向」のコミュニケーション環境を構築しています。

このように、競争時代を勝ち抜くべく、各大学が情報共有環境の整備を進めており、その成果は表れつつあります。

アリエルでは、これからも導入大学における取り組みをサポートしながら、その実績を活かし、より良いソリューションの提供に努めてまいります。また、大学や民間企業に限らず、官公庁や地方自治体など、様々な大規模組織での情報共有にも柔軟に対応し、業務効率化やコミュニケーションの活性化を支援してまいります。

以上

ArielAirOne® Enterpriseとは

アリエル・エンタープライズは、標準アプリケーションであるグループウェア・企業情報ポータル(EIP)の提供と、事業やビジネスモデルに応じた企業独自のカスタムアプリケーション開発を可能とすることで、拡張性・柔軟性の高い情報共有環境の構築とともに、大規模な組織内で扱われる様々な情報のシームレスなデータ連携と高度なセキュリティによる集中的な管理を実現するWeb型コラボレーションウェアである。集約された情報を組織や部門のみならず個人に最適化して表示することで、情報へのアクセスを容易にし、ビジネス活動に結びつけるための行動支援と業務効率の大幅な向上を実現する。

http://www.ariel-networks.com/enterprise/

アリエル・ネットワーク株式会社について

アリエル・ネットワーク株式会社は、米国でNotes開発に携わった、旧ロータス社の技術者を中心に2001年4月11日に日本で設立された。グリッドなどの分散コンピューティング技術に着眼、分散コンピューティング環境開発基盤を自社開発するとともに、大企業向けWebコラボレーションウェアを開発。インターネット、社内ネットワークを問わずネットワークに接続された環境で、セキュリティを保持しながら、ネットワークを意識せずに必要な情報を取得、送信する仕組みを提供している。

≪会社概要≫
代表者 代表取締役社長 原田和人
設立年月日 2001年4月11日
資本金 1億円
本社所在地 〒141-0031 東京都品川区西五反田8-1-14 最勝ビル7F
事業内容 情報共有パッケージソフトウェアの開発、販売、サポート
企業URL http://www.ariel-networks.com/

お問い合わせ

≪本リリースに関するお問い合わせ先≫

アリエル・ネットワーク株式会社

担当 米村(広報窓口)
TEL 03-5740-8801
FAX 03-5740-8804
お問い合わせ メールはこちら
≪製品に関するお問い合わせ先≫

アリエル・ネットワーク株式会社

担当 営業部
TEL 03-5740-8802

※本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※本リリースに掲載している情報は、発表時時点のものです。