導入事例

2014年07月08日

アリエル・ネットワーク株式会社

東京急行電鉄株式会社が、アリエル・エンタープライズを採用
~全社事業におけるスピーディな意思決定を支援する
稟議ワークフローシステムを刷新~


アリエル・ネットワーク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:原田和人、以下、アリエル)は、このたび、東京急行電鉄株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:野本弘文、以下、東急電鉄)が、次世代情報共有基盤として、Webコラボレーションウェア「ArielAirOne® Enterprise(以下、アリエル・エンタープライズ)」を採用したことを、以下のとおりお知らせいたします。

稟議システムの運用負荷の増大とハードウェア更新に伴う全面刷新への対応が急務

東急電鉄は、220社8法人(2014年3月31日現在)からなる東急グループの中核企業として、交通事業・不動産事業・生活サービス事業を基軸に、人々の暮らしに密着した公共性の高い事業を展開しています。創立100周年にあたる2022年を見据え、将来の成長に向けた事業基盤づくりを着実に推進するとともに、東急グループの総合力を最大限発揮するための経営面・事業面の連携強化に取り組んでいます。
東急電鉄では、1998年に稟議システムを構築以来、交通事業や不動産事業の工事から、出張申請や物品購入、押印請求などの社内申請まで、業務執行に関わる全社的な協議・決裁に利用してきました。現行システムを構築してから10年以上が経過し、大規模な組織改正などに伴う運用・管理業務の負荷増大や、ハードウェアの更新に合わせてOSを含むシステムの全面刷新が必要になるなど、稟議システムの再構築が急務となっていました。

大規模組織における複雑なワークフローにも柔軟に対応する、稟議システムを構築

東急電鉄では、システム刷新を検討するにあたり、シンプルで信頼性の高いパッケージ製品をベースに再構築を計画しました。選定においては、社内の意思決定プロセスやユーザーインターフェースなど、従業員の業務スタイルとして深く浸透する既存資産を継承し、業務効率化を目的とした機能追加や管理工数の削減、スマートデバイス活用など新たなニーズに対応可能であることを重視しました。加えて、現行システムの機能や画面および操作の再現性と共に、複数組織を経由する承認ルートの設計、代理承認、兼務など、業務執行規定に基づいた協議、決裁、閲覧権限の設定や、組織改正対応など、複雑なビジネスプロセスにも対応できることが求められます。
これに対し、大規模組織で必要とされる高度な要件を実現するアプリケーション開発フレームワークにより、将来の仕様変更や機能拡張に対応可能であるなど、選定要件を満たす稟議システムを容易に構築できるとして、アリエル・エンタープライズが採用されました。

今後20年も陳腐化しない稟議システムで、国内外の事業展開を加速

アリエル・エンタープライズは、基幹システムとのシームレスなデータ連携を可能にする外部連携機能や、システム管理者の負担を大幅に削減するメンテナンスアシスト機能を持つため、人事情報の変更に合わせたワークフローの変更やシステム全体の運用管理の省力化を可能にします。また、アクセス権制御やログ管理による内部統制の強化、スマートデバイスの利用による決裁スピードの向上や移動時間の有効活用など、利便性や業務効率を高めることで、ビジネス環境の変化に合わせた事業展開の加速に貢献します。
この他にも、利用者のニーズや要望を機能に取り込み、提供していく製品コンセプトにより、陳腐化することのない成長し続けるシステムの実現と、常に最新かつ最適な情報共有環境の提供を支援します。

アリエルでは今後も、グループ企業の総合力を活かし、国内外の事業展開を加速する大手企業のビジネスを支える高度なソリューションを提供してまいります。

以上

ArielAirOne® Enterpriseとは

アリエル・エンタープライズは、標準アプリケーションであるグループウェア・企業情報ポータル(EIP)の提供と、事業やビジネスモデルに応じた企業独自のビジネスアプリケーション開発を可能とすることで、拡張性・柔軟性の高い情報共有環境の構築とともに、大規模な組織内で扱われる様々な情報のシームレスなデータ連携と高度なセキュリティによる集中的な管理を実現するWebコラボレーションウェアである。集約された情報を組織や部門のみならず個人に最適化して表示することで、情報へのアクセスを容易にし、ビジネス活動に結びつけるための行動支援と業務効率の大幅な向上を実現する

http://www.ariel-networks.com/enterprise/

東京急行電鉄株式会社について

http://www.tokyu.co.jp/

アリエル・ネットワーク株式会社について

2001年4月11日設立。グリッドなどの分散コンピューティング技術に着眼、分散コンピューティング環境開発基盤を自社開発するとともに、大規模組織向けWebコラボレーションウェアを開発・販売。大手企業・官公庁・教育機関などのワークスタイル変革・コラボレーション促進・コミュニケーションの改善・ビジネス力の向上に貢献している。

代表者 代表取締役社長 原田和人
設立年月日 2001年4月11日
資本金 100,000,000円
本社所在地 〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-4-7 虎ノ門36森ビル7階
事業内容 情報共有パッケージソフトウェアの開発、販売、サポート
情報共有クラウドサービスの開発、販売、サポート
企業URL http://www.ariel-networks.com/

お問い合わせ

≪本リリースに関するお問い合わせ先≫

アリエル・ネットワーク株式会社

担当 崎村(広報窓口)
TEL 03-5777-5562
FAX 03-5777-5564
お問い合わせ メールはこちら
≪製品に関するお問い合わせ先≫

アリエル・ネットワーク株式会社

担当 営業本部
TEL 03-5777-5562

※本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※本リリースに掲載している情報は、発表時時点のものです。