課題解決

教育機関のICT化

抱えている問題

学内のICT化を推進し、魅力ある教育環境の実現につなげたい

教職員・学生のコミュニケーションを活性化し、学校経営のスピード化を図る

少子化に伴い、大学全入時代が到来する今、多くの教育機関や学校法人が情報共有システムの見直しに目を向けています。教員と職員の情報連携を強化し、学校運営や経営のスピード化を図ることや、学生向けの情報共有環境を整備し、学内サービス向上につなげることで、競争力を強化するためです。

現在、ICT化に先進的な広島大学・近畿大学・一橋大学など、多くの大学が、さまざまなICT化の取り組みを進めています。

たとえば、スケジュール・施設予約情報の共有やタスクの管理、大学の規則集やマニュアルなどの電子化・共有、申請書などワークフローの電子化などを実現し、教職員の業務効率化に効果を発揮しています。更に、教務システムや会計システムなどの外部システムと連携し、必要な情報をポータルに表示するなど、情報のフロントエンドとして活用することで、学内の業務に関わる情報を集約して管理し、迅速な情報共有、コラボレーションの促進を実現しています。

アリエル・エンタープライズは、学生に休講情報や就職関連情報を発信したり、ゼミにおける教授と学生のコミュニケーションをサポートする掲示板やブログを開設するなど、学生向けの情報共有サービスとして活用することが可能です。これらは、携帯電話、スマートフォン、タブレット型端末からのアクセスも可能であるため、学外から情報を確認することもできます。

大学選びの際に、学内環境の良さ・IT化を重要視する声は高まっており、学生向けのICT環境の強化を推進することが大学に求められています。